フレッツ光キャッシュバックキャンペーン比較ナビ2019年|ソフトバンク光&ドコモ光&auひかり

インターネット回線を契約するときは、定番のフレッツ光が候補に挙がります。

しかし、今からフレッツ光を契約するのは賢い選択とは言えません。

なぜなら、現在のNTTは違う形でフレッツ光の回線を展開しているからです。

 

この記事では、「フレッツ光に関する現在のサービス内容」を紹介して、本当に契約すべきなのかどうかを解説します。

フレッツ光の契約を検討している人は参考にしてくださいね。

 

1.フレッツ光に申込みを検討している皆様へ

実は、現在はフレッツ光への申込みができません。できるのは法人契約か個人事業主のどちらかに限られています。

厳密には個人でも申し込めますが、2016年になって実質的に受付けが終了しているような状況です。

ただ、昔からフレッツ光を継続して利用し続けている人はいます。

>>フレッツ光の申込みはこちら(キャッシュバック3万円~4万5千円)

※現状、フレッツ光への申込みは法人契約(個人事業)しか受け付けていません。

 

2.現在のフレッツ光は料金が高い

フレッツ光の運営元であるNTTは2015年から個人契約から法人契約へと営業方針を転換させています。

ここでいう法人契約とは、つまりソフトバンクやドコモ、楽天、So-netなどの他社に「フレッツ光」というサービス名とインフラを貸し出す契約を指します。

>>ソフトバンク光のおすすめ代理店はこちら

 

例えば、ソフトバンクにサービスを貸す場合で例えると、法人契約の仕組みは以下の感じです。

  1. ソフトバンクにフレッツ光を貸す
  2. ソフトバンクはそのサービスを「ソフトバンク光」と名付けて運営する
  3. 「ソフトバンク光」はソフトバンクが自由に料金設定していい
  4. ソフトバンクはNTTにレンタル料を支払う
  5. 「ソフトバンク光」を契約した人はソフトバンクからインターネット通信を提供してもらい、利用料金をソフトバンクに支払う

このような仕組みで他社に回線を提供するNTTには個人のお客さま対応から解放されるメリットが生じます。

お客さま対応はNTTにとってかなりの重労働なので、解放されるだけで大きな負担の軽減になります。

さらに、回線の保守点検さえしていればソフトバンクからレンタル料をもらえるので、今となってはNTTにとって法人契約は欠かせません。

 

ソフトバンクは日本全国に設営しているフレッツ光のインフラを自由に使うことができ、自社のお客さんを囲い込めるメリットが生じます。

 

3.フレッツ光がソフトバンクなどにレンタルする回線を「光コラボ」という

他社がフレッツ光の回線でインターネットを提供するサービスを「光コラボレーション」(以下、光コラボ)と呼びます。

 

光コラボにはさまざまな種類がありますが、代表的な事例は「ソフトバンク光」です。

他にも「ドコモ光」・「楽天コミュニケーションズ光」・「So-net光」などが有名です。

光コラボは光コラボ同士の契約獲得競争があるので月額料金は安くなるうえに、フレッツ光よりも料金が格段に安いのは言うまでもありません。

 

つまり、安い利用料金でインターネットを使うのなら、NTTでフレッツ光を申し込むより光コラボを契約したほうが断然いいということになります。

>>ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンサイトはこちら

>>ドコモ光のdポイント&キャッシュバックキャンペーンサイトはこちら

 

ちなみに、auひかりという回線も人気のインターネット回線ですが、これは光コラボではありません。

もし、現在、auのスマホを契約しているのであれば、auひかりがオススメです。auスマホとauひかりのセット割引(auスマートバリュー)や最大5万円のキャッシュバック、そして他社の違約金負担が最大で5万5千円が付くなどのキャンペーンが充実しています。

auひかりについて詳しくはこちらのブログに掲載していますので、チェックしてみてください。

 

 

4.フレッツ光・ソフトバンク光・ドコモ光の料金比較

代表的な光コラボであるソフトバンク光とドコモ光をピックアップして、フレッツ光のサービス内容と比較してみましょう。

 

「フレッツ光・ソフトバンク光・ドコモ光の月額料金比較表」

サービス 戸建てタイプ マンションタイプ
フレッツ光(東日本)※1 30ヶ月目まで:4,700円

31ヶ月目以降:5,000円

30ヶ月目まで:3,050~4,050円

31ヶ月目以降:3,250~4,250円

フレッツ光(西日本)※1 1~2年目:4,300円

3年目以降:4,110円

1~2年目:2,250~3,950円

3年目以降:2,080~3,720円

ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

タイプA:4,000円

タイプB:4,200円

※1:別途、500円から1,000円ほどのプロバイダ利用料も必要です。

 

上記の表で月額料金を比べると、状況によってはフレッツ光を契約したほうが安いように感じますよね。

しかし、フレッツ光を利用する場合、500円から1,000円ほどのプロバイダ料金も別途発生します。

 

ソフトバンク光とドコモ光は回線とプロバイダ利用料金が合算されているので、プロバイダ料金を考慮すると光コラボのほうがお得といえるでしょう。

さらに、光コラボにはスマホとのセット割が受けられるメリットもあります。

たとえば、ソフトバンクユーザーの人がソフトバンク光を利用すると、「おうち割光セット」が適用されてスマホ代が毎月500円から1,000円割り引かれます。

 

「おうち割光セットの割引金額」

プラン 割引金額
データ定額50GBプラス

データ定額50/20/5GB

ミニモンスター

1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)

データ定額ミニ 2/1GB

データ定額(3Gケータイ)

500円

 

おうち割光セットは家族も含めると10人まで適用できる割引なので、ソフトバンクユーザーからするとソフトバンク光がもっともお得なインターネット回線といえます。

>>ソフトバンク光のおすすめ代理店はこちら

 

 

ドコモユーザーならドコモ光を契約すると、最大3,500円の「光セット割」を受けてフレッツ光よりも低コストでインターネットを利用できます。

 

「シェアパックを契約している場合の割引金額」

プラン 割引金額
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円
シェアパック15 1,800円
シェアパック10 1,200円
シェアパック5 800円
ベーシックシェアパックStep4 1,800円
ベーシックシェアパックStep3 1,800円
ベーシックシェアパックStep2 1,200円
ベーシックシェアパックStep1 800円

 

「従来のパケットパックを契約している場合の割引金額」

プラン 割引金額
ウルトラデータパックLL 1,600円
ウルトラデータパックL 1,400円
データMパック 800円
データSパック 500円
ベーシックパックStep4 800円
ベーシックパックStep3 800円
ベーシックパックStep2 200円
ベーシックパックStep1 100円

 

>>ドコモ光ユーザーから評判が高い申込み窓口

契約するときに受けられるキャンペーン内容も光コラボにメリットがあります。

フレッツ光ではキャンペーンが実施されていないので、15,000円から18,000円もの工事費を負担しなければいけません。

光コラボなら代理店で申し込むことで高額キャッシュバックがもらえるので、初期費用を心配が不要です。

他社から乗り換える場合でも、公式キャンペーンを受けて違約金などの費用を相殺できます。

 

「フレッツ光・ソフトバンク光・ドコモ光のキャンペーン比較表」

サービス キャンペーン内容
フレッツ光(東日本)※1 なし
フレッツ光(西日本)※1 なし
ソフトバンク光 ・乗り換えで契約すれば他社の違約金をキャッシュバックで相殺

・乗り換えで工事費実質無料

・代理店で申し込めば33,000円キャッシュバック

ドコモ光 ・工事費無料

・dポイント10,000ptプレゼント

・代理店で申し込めば15,000円キャッシュバック

 

以上の点を踏まえると、今インターネット回線を契約するならフレッツ光ではなく光コラボを選んだほうがいいでしょう。

 

4.まとめ

現在においてフレッツ光に申込むメリットは残念ながら存在しません。

光コラボを契約したほうが利用料金を安くできますし、キャンペーンも充実しているからです。

 

ソフトバンク光などの光コラボ回線のほうが、料金とキャンペーンのどちらも圧倒的にフレッツ光よりお得です。

ソフトバンクのスマホを利用しているならおうち割光セットが受けられるので、なおさらソフトバンク光を選ぶべきです。

しかし、ドコモのスマホを利用しているなら、光セット割が受けられるドコモ光がおすすめです。

>>ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンサイトはこちら

>>ドコモ光のdポイント&キャッシュバックキャンペーンサイトはこちら

 

 

 

追記:ソフトバンク光の代理店エヌズカンパニーについて

ユーザーから評判が高い人気の代理店としてエヌズカンパニーが挙げられます。

この代理店がおすすめである理由は、

  1. キャッシュバック金額が業界トップ。最高額3,3000円
  2. NTTから何度も表彰されるほどの優良代理店
  3. キャッシュバック手続きがシンプル
  4. キャッシュバック手続きを開通後すぐに申請可能

 

エヌズカンパニーは、NTTから表彰されているなど、信頼と実績の面でレベルが高いです。

また、キャンペーン手続きがシンプルで申請しやすいという点も、実はかなり評価に値するポイントなんです。

 

キャッシュバック金額以外に重要な2つのポイント

というのも、キャンペーンがどんなに優れていても、「申請手続きが複雑すぎてキャンペーンを受けられなかった」といったケースが少なからず存在します。

ほとんどの代理店がキャンペーンを申し込むのに、フレッツ光が開通してから1年後でないと申し込めなかったり、書類・メールのやり取りをする必要があったり、スケジュールがきつきつだったり、色んなパターンがあります。

「キャッシュバック金額が高い」という理由だけで安易に代理店を選んでしまうと、痛い目にあうケースがあり、もしキャッシュバックが貰えなくても泣き寝入りせざるを得ないのが現状です。

 

ほとんどの代理店 エヌズカンパニーの場合
手続き時期 開通後、1年経ってから 開通後すぐにOK
手続き方法 書類やメールのやり取り WEBフォームに記入するだけ

 

キャッシュバック金額が最高33,000円(もしくは28,000円+ルーター)というキャンペーンを他の代理店でも見かけることがあるかもしれませんが、その際は「キャッシュバックをもらう手順や条件、申請期間・いつもらえるか」などをチェックしましょう。

不親切な代理店の場合、キャンペーンの手続きが複雑だったり、申請時期が遅かったり、そういうマイナス面を含んでいることがありますので注意してください。

 

ちなみに、エヌズカンパニーは利用者からの満足度が高く評判も良いので、申請は簡単です。

こちらのキャンペーンサイトからweb申込みをして、1~3営業日以内に向こうから電話がかかってきます。その電話でキャッシュバックの振込み口座などを伝えれば申請が完了します。メールや文書などのやり取りは不要です。

>>ソフトバンク光の人気代理店エヌズカンパニーの詳細はこちら

 

>>ドコモ光についてはこちらのプロバイダが選ばれています