0年 0月 の投稿一覧

フレッツから転用するデメリットと手続き方法まとめ|割引・初期費用まとめ

フレッツ光から光コラボレーションに転用する人が多く、また業者側からの転用を勧める営業活動を行っています。光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しているので、フレッツ光から光コラボレーション業者に転用すると言っても、契約の形態が変わるだけです。光コラボレーション業者には大手携帯キャリアや総合商社や格安SIM業者がありますが、これらの業者と契約を結ぶということになります。

光コラボとフレッツの違い

利用するのはフレッツ光の回線なのですが、消費者が契約する相手は光コラボレーション業者ということになります。そしてフレッツ光と光コラボレーション業者の間に契約があるということになります。なので転用とは言っても、プロバイダーなどはそのままという場合もあります。フレッツ光に契約する際にはプロバイダーとの契約というのも必要ですが、プロバイダーが光コラボレーション業者としてサービス提供しているというのもあります。なので、フレッツ光で利用していたプロバイダーの提供する光コラボレーションに転用すれば、まったくそのままですし、光コラボレーション業者をもとのプロバイダーから転用したとしても、設備などの物理的なものはそのままです。

 

なぜならば、光コラボレーション業者はフレッツ光の回線を利用しているからです。こういうことなので、転用は気軽に行うことができます。フレッツ光ユーザーには営業が多いのですが、工事費無料というのを積極的に言っていて、フレッツ光ユーザーの場合はそもそも工事が不要です。他の業者からの転用の場合でも、工事費無料のキャンペーンなどを行っているので、そういったものを利用して転用すると良いでしょう。

工事の注意点

しかし、光コラボレーション業者によっては転用工事が遅れる場合もあるので、その点は気を付けた方が良いです。過去には転用前にもとの業者を解約したけれども、次の回線の工事が遅れて数カ月インターネット回線を利用できなくなったという例もあります。これは極端な例なのですが、事前に工事の日取りというのは綿密に決めておく必要があるということです。日取りの確証が得られるまではもとの業者は解約しない方が良いでしょう。インターネットをあまり利用しない人であれば特に問題はないのですが、インターネットの利用頻度が多いという人の場合は、必ず転用前に計画を立てるという必要があります。

ネットが使えない期間をできるだけ短く

インターネットを仕事に利用しているという人の場合はインターネット回線が途切れるというのは死活問題なので、必ず事前に確実に途切れない方法を考えた方が良いです。そもそも確実にインターネット回線の安定性を求めるという人の場合は、転用事態をしない方が良いかもしれません。フレッツ光の場合は複数のプロバイダーと契約しておいて、回線が混雑したらプロバイダーを変えるということも可能ですし、同時に契約するのが一つのプロバイダーであっても、プロバイダーの調子が悪くなれば乗り換えるということが可能です。

デメリットは違約金

光コラボレーション業者に転用するというのは、プロバイダーの光コラボレーションであれば、プロバイダーを固定するようなものですし、大手携帯キャリアの光コラボレーションを利用するというのであれば、それも再び転用するには違約金が発生したりします。

 

これがデメリットでしょう。最近はどの業者も違約金の制度を設けており、契約期間内に解約すると違約金を取られます。光コラボレーションも同じで、途中で解約すると違約金が発生します。
キャッシュバックも違約金と同じ感じで、要するに顧客を縛っておくということが重要なのです。最近はいろいろな業者がありますし、キャンペーンなどによって乗り換えられるというリスクは大きいです。また、回線がトラブルにあえば容易に回線を乗り換えるということがあるでしょう。しかし、違約金やキャッシュバックで縛っておけば、他社が多少良いサービスを出して来たり、回線にトラブルがあっても安易には乗り換えないでいてくれるということがあります。

キャンペーンとキャッシュバック

このような縛り付け方というのは消費者からすれば望ましいものではないのですが、業者も競争が激しくて必死ということになります。インターネットの回線技術というのは飽和状態なので、各業者間で技術に差があるということはあまりないです。なので、結局はサービスで差がつきます。サービスというのは回線の混雑具合や、料金面でしょう。そして、大きな差をつけるというのがなかなか難しいので、キャンペーンなどでアピールするということになるのです。

 

実際キャンペーンとはいっても、たいしたものでもない場合が多いのですが、何かしなければ不安というのもあります。最近の傾向として、インターネット利用者が多いからこそ注目されるということが非常に重要な時代です。なので、キャンペーンでもなんでも良いので、とにかくプラスになる形で目立ちたいというのが業者にいろいろやらせます。”

フレッツ光の引越し時の工事費と、適用されるキャンペーン・割引まとめ

フレッツ光を利用していて引越しすることになり、引越し先でもフレッツ光を利用する場合は、工事費が割引きになります。フレッツ光を使い始める場合は、工事が必要になります。ADSLと違い、光回線の場合はたいてい工事が必要で、戸建て住宅、マンション、それぞれに定められている工事費を支払う必要があります。使い始めるときも工事費がかかり、引越し先でもかかるとなると、利用者にとっては負担が重く、頭の痛い問題です。特に引越し時は、なにかと出費がかさむものです。

引越し先の工事費の、割引きキャンペーン

NTT西日本では、フレッツ光を使っていて引越し先でも使う利用者向けに、割引きキャンペーンをおこなっています。フレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの、ファミリーという語が入ったプランを利用している場合は、通常の工事費は18,000円です。引越し先の工事費は9,000円割引かれ、半額の9,000円となります。割安の工事費で、引越し先でも同じプランがそのまま利用できます。フレッツ光のマンションタイプで、ひかり配線方式とVDSL方式の場合は、通常の工事費は15,000円です。

 

引越し先の工事費は7,500円割引かれ、半額の7,500円となります。既存の配線を再利用し、宅内配線工事がないフレッツ光のファミリータイプおよびマンションタイプのLAN方式は、通常の工事費は7,600円ですが、引越し先の工事費は1,100円割引かれ、6,500円となります。なお、ひかり電話や、フレッツ・テレビフレッツ光などの、インターネット以外のサービスの工事費は、別途かかります。また、土曜日曜祝日の工事を希望する場合は、3,000円の追加料金となります。 無派遣工事で済む場合は、通常の工事費は2,000円であり、移転工事費としての割引きはありません。なお、移転工事費の割引きキャンペーンは、期間限定ですので、その都度インターネットなどで確認し、リアルタイムの情報を確認するようにしましょう。

引越し先の工事費は、分割払いも可能

引越し先の工事費が割引かれるとしても、何かと出費の多い引越し時に一括払いというのは、できれば避けたいものです。NTT西日本では、フレッツ光を利用していて引越しして、引越し先でもフレッツ光を使う利用者の工事費を分割払い可能としています。分割の30回払いにできますので、毎月の支払額はほんのわずかで済みます。

 

移転工事費が9,000円であるフレッツ光のファミリータイプの場合は、月額が300円となりますし、フレッツ光のマンションタイプのひかり配線方式とVDSL方式の場合は、月額が250円になります。フレッツ光のファミリータイプおよびマンションタイプのLAN方式では、月額が216.7円になります。こうした金額であれば、そう負担感もないことも多いようです。もちろん一括払いも可能ですが、分割払いにするという選択もできます。

移転元、移転先の地域に注意

NTT西日本がおこなっている移転工事費割引きキャンペーンは、全国一律のものではないので、移転元や移転先の地域によっては、適用されない場合があります。割引き対象となるのは、西日本管内であり、東日本エリアから転入する場合は、引き続きフレッツ光を利用するとしても、割引対象外となります。また、移転元が西日本エリアであっても、移転先が、富山県と岐阜県、静岡県以西にある30府県の西日本エリアでないと、割引きの対象とはなりません。

 

東日本エリアに引越す場合は、割引キャンペーンが適用されませんので注意が必要です。西日本エリアというのは、行政区分と違う場合がありますので、境目にある県の場合は、NTTに確認するようにしましょう。

割引きキャンペーンの適用時期

NTT西日本のこの移転工事費割引きキャンペーンは、2007年10月1日から始まり、以来内容を一部変更しながら続けられていますが、いつまで続けられるかは誰にもわからないことです。また、申し込み時に開通期限が設定され、その日までに移転先でフレッツ光の利用を開始しない場合は、割引きが適用されません。

 

申し込み受付期間は、だいたい4カ月程度に設定されており、申し込み受付開始日の7か月後くらいまでに開通することが条件となっています。例えば、申し込み受付期間が2月1日から5月31までとなっている場合は、同年の8月31日までにご利用を開始することが必要となります。

まとめ

西日本エリアでフレッツ光を利用し、西日本エリアに引越して、そこでもフレッツ光を利用する場合は、移転工事費が割引かれ、通常の工事費よりも安く済みます。東日本エリアでも類似のキャンペーンをおこなっていますので、東日本エリアで同様の引越しをする場合は、インターネットなどで確認しておきましょう。

引越し時はなにかと出費がかさみますから、割引きキャンペーンがあり、しかも分割払いできるのは、好ましいことです。

フレッツ光の料金比較|西日本・東日本別の料金と主要プロバイダーの安いところは?

インターネットの普及が進むにつれて、数えきれない程プロバイダが増えました。利用者側からみると、いったいどこを選んだらいいのか比較検討するのも大変になってきました。料金重視で選ぶのか、速度重視はたまたサービス重視等、人によって決め所は様々です。そこで、ここではフレッツ光の月額料金について主要4社のプロバイダを比較してみました。公平を期すため、付加(オプション)サービスでの割引は含めず、NTT東日本はフレッツ光ネクストギガタイプ、NTT西日本はフレッツ光ネクストタイプの月額税抜料金を記載しています。1つは戸建てタイプ、マンションタイプで同一の集合住宅などで見込める契約数が8契約以上をプラン1、16契約以上をプラン2、4契約以上をミニと種類を4つに分けた料金体系を記載しました。

OCN

OCNは数多いプロバイダの中で会員数No.1を誇り、国内最大級の基幹回線により安定した速度でインターネットを楽しめます。そんなOCNのフレッツ光のサービス名は””OCN光 with フレッツ”と言います。NTT東日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,900円、マンションタイプのプラン1は4,700円、プラン2は4,300円、ミニタイプは5,050円になります。NTT西日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,900円、マンションタイプのプラン1は4,700円、プラン2は4,300円、ミニタイプは5,050円になります。

BIGLOBE

BIGLOBEは充実したセキュリティが標準で装備されているのが特徴で、設定も無料でサポートしてくれる、インターネット初心者にやさしいプロバイダです。そんなBIGLOBEのフレッツ光のサービス名は””BIGLOBE光 パックNeo with フレッツ”と言います。NTT東日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,900円、マンションタイプのプラン1は4,650円、プラン2は4,250円、ミニタイプは5,000円になります。NTT西日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,600円、マンションタイプのプラン1は4,600円、プラン2は4,100円、ミニタイプは5,150円になります。

So-Net

So-Netは動画配信サービス、DVDレンタルなど豊富なコンテンツを構えたプロバイダです。そんなSo-Netのフレッツ光のサービス名は””So-Net光 with フレッツS”と言います。NTT東日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,900円、マンションタイプのプラン1は4,650円、プラン2は4,250円、ミニタイプは5,250円になります。NTT西日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,600円、マンションタイプのプラン1は4,600円、プラン2は4,100円、ミニタイプは5,400円になります。

plala

plalaはNTTグループのプロバイダーです。会員数が300万人以上、映像サービスの「ひかりTV」も提供、顧客満足度No.1を誇っています。そんなplalaのフレッツ光のサービス名は””ぷらら 光 メイト with フレッツ”と言います。NTT東日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,700円、マンションタイプのプラン1は4,550円、プラン2は4,150円、ミニタイプは4,950円になります。NTT西日本フレッツ光の料金ですが、戸建てタイプは6,400円、マンションタイプのプラン1は4,500円、プラン2は4,000円、ミニタイプは5,100円になります。

まとめ

さて、こうしてプロバイダ別に料金をみてきましたので、今度はNTT東日本と西日本それぞれで一番安いところをみてみましょう。NTT東日本の場合、戸建てタイプもマンションタイプもPlalaが一番安いようです。NTT西日本の場合もNTT東日本同様、Plalaが一番安いことがわかりました。金額の差をみてみますと、月額50円~300円の差ではありますが、年間ですと最大で3,600円の差が生じてきます。長く使っていくにはたとえ50円でも大きな差が出てきてしまいますよね。こういった金額の差を付加(オプション)サービスの充実で補っているプロバイダも少なくありません。
このように主要4社だけではありましたが料金比較を行ってみますと、NTT東日本の戸建てタイプ一つとってみても3社が同額の料金でした。「料金が一緒ならばどこでも同じじゃないの」と思って適当にプロバイダを選んで契約をしてしまうと、実は違約金が一番高かったり、付加(オプション)サービスが一つもつかず全く割引にならなかったり、と一番高くついてしまうことにもなりかねません。せっかくインターネットを楽しく使いたいのであれば、料金がお得で、付加(オプション)サービスがたくさんある、そんなプロバイダを選べるよう、十分比較検討を行って決めたいものですね。

 

フレッツ回線の光コラボの特徴、概要まとめ

光コラボレーション業者というのは、インターネットプロバイダーや大手携帯キャリア業者や総合商社などがフレッツ光の回線を利用してインターネット回線を提供しているもののことです。最近は光コラボレーションというのはよく耳にするので知っている人も多いでしょう。また個人宅に訪問営業をしたり、電話営業をしているというのもあります。特にフレッツ光のユーザーに対しては、光コラボレーション業者に乗り換えないかということで積極的に営業を掛けている光コラボレーション業者が多いです。実際自分にも営業があったという人も多いでしょう。この営業マニュアルもうまいことできていて、まずは光コラボレーション業者のメリットだけを消費者に積極的にアピールしていきます。具体的には回線の速度や安定性はそのままで、料金だけは安くなるというアピールの仕方が多いでしょう。そして、徐々に契約につなげていきます。

光コラボを選ぶときの注意点

契約を結ぶということはあまり大々的には言わずに、徐々に個人情報を聞き出していき、後は承認すれば契約が完了するというようなことを言います。そのままで契約してしまう人も多いでしょう。なのですが、基本的には店舗や営業の人と契約をするというのはおすすめできません。

損が多いでしょう。というのも、営業の人や店員と契約すると人件費がかかるのでその分がオプションで加算されるような形になります。これは消費者からすれば何のメリットもなくて、不要なオプションのために月額が増えるというようなこともあります。また情報が不足するということも問題でしょう。店員や営業の人は売り込むための情報しか提供してくれないので、消費者は客観的に判断する材料を持てないということなのです。なのでインターネットで情報を得た方が良いですし、それならば全部インターネット上で完結させた方が良いでしょう。光コラボレーションでもフレッツ光でも他のローカル回線でもそれは同じことです。

光コラボの分類

光コラボレーション業者にはソフトバンク、au、ドコモという大手携帯業者系のものと、OCN・so-net・BIGLOBEといったプロバイダー系のものがあります。キャッシュバックに関しては携帯業者の方が多いでしょう。プロバイダー系もフレッツ光ユーザーに対して特に積極的に営業活動を行っているのですが、もとのプロバイダーの同じものを使っている人の対しての営業が多いでしょう。要するに、フレッツ光とプロバイダーとの契約という形から、プロバイダー業者に一本化するということになります。しかし回線自体はフレッツ光のものなので、単に契約の形が変わるだけで料金が安くなるという話です。この営業を受けたフレッツ光ユーザーは多いはずですが、いったん契約すると戻すことはできなくなります。いったん解約して再度フレッツ光と新規に契約するという形になります。なのである程度慎重に考えた方が良くて、営業が来たらそれはいったん切ると良いでしょう。あとから自分でインターネットから契約すれば良いだけです。冷静に比較検討することができますし、またオプションなどに関しても分らない点はインターネットで調べながら契約を進めるということが可能になります。これは非常に大きなメリットで、逆にインターネットで調べることができない環境で契約するというのはまったくおすすめできないので、営業との契約でなくても店舗に行って契約するというのは面倒ですしいいことがないので辞めた方が良いです。

現在はねらい目

光コラボレーションは最近は安定しているのですが、いっときは不安定でした。サービス開始当初はユーザーを増やすために営業を積極的に行っていたのですが、その結果一気に顧客を獲得することに成功しました。なのですが、顧客を獲得し過ぎて回線がパンクするという結果になったのです。現在は回線の規模を拡大しているのでパンクはしていないのですが、営業活動は積極的に行っているので、再び回線がパンクする可能性はあります。もちろんどの回線でもその可能性はあるのですが、光コラボレーション業者の場合は特に利益に向かって積極的に動いているので、逆に言えば既存の顧客がおろそかになる可能性はあります。光コラボレーション業者は安いというメリットはあるのですが、逆に上述のようなデメリットがあるということです。またサービスができて数年なので、変化が激しい可能性もあるでしょう。

プラスかマイナスかはわかりませんが、変化の多いのが光コラボレーションということになります。今後はフレッツ光のユーザーが光コラボレーション業者に移行する割合はどんどん増えていくでしょう。プロバイダー系の光コラボレーション業者の場合はほとんど契約の形態が変わらないままに料金が安くなるので、余計にその傾向が予測されます。デメリットとしては、プロバイダーを複数契約することや、プロバイダーを自由に変えにくくなるということです。