光コラボレーション業者というのは、インターネットプロバイダーや大手携帯キャリア業者や総合商社などがフレッツ光の回線を利用してインターネット回線を提供しているもののことです。最近は光コラボレーションというのはよく耳にするので知っている人も多いでしょう。また個人宅に訪問営業をしたり、電話営業をしているというのもあります。特にフレッツ光のユーザーに対しては、光コラボレーション業者に乗り換えないかということで積極的に営業を掛けている光コラボレーション業者が多いです。実際自分にも営業があったという人も多いでしょう。この営業マニュアルもうまいことできていて、まずは光コラボレーション業者のメリットだけを消費者に積極的にアピールしていきます。具体的には回線の速度や安定性はそのままで、料金だけは安くなるというアピールの仕方が多いでしょう。そして、徐々に契約につなげていきます。

光コラボを選ぶときの注意点

契約を結ぶということはあまり大々的には言わずに、徐々に個人情報を聞き出していき、後は承認すれば契約が完了するというようなことを言います。そのままで契約してしまう人も多いでしょう。なのですが、基本的には店舗や営業の人と契約をするというのはおすすめできません。

損が多いでしょう。というのも、営業の人や店員と契約すると人件費がかかるのでその分がオプションで加算されるような形になります。これは消費者からすれば何のメリットもなくて、不要なオプションのために月額が増えるというようなこともあります。また情報が不足するということも問題でしょう。店員や営業の人は売り込むための情報しか提供してくれないので、消費者は客観的に判断する材料を持てないということなのです。なのでインターネットで情報を得た方が良いですし、それならば全部インターネット上で完結させた方が良いでしょう。光コラボレーションでもフレッツ光でも他のローカル回線でもそれは同じことです。

光コラボの分類

光コラボレーション業者にはソフトバンク、au、ドコモという大手携帯業者系のものと、OCN・so-net・BIGLOBEといったプロバイダー系のものがあります。キャッシュバックに関しては携帯業者の方が多いでしょう。プロバイダー系もフレッツ光ユーザーに対して特に積極的に営業活動を行っているのですが、もとのプロバイダーの同じものを使っている人の対しての営業が多いでしょう。要するに、フレッツ光とプロバイダーとの契約という形から、プロバイダー業者に一本化するということになります。しかし回線自体はフレッツ光のものなので、単に契約の形が変わるだけで料金が安くなるという話です。この営業を受けたフレッツ光ユーザーは多いはずですが、いったん契約すると戻すことはできなくなります。いったん解約して再度フレッツ光と新規に契約するという形になります。なのである程度慎重に考えた方が良くて、営業が来たらそれはいったん切ると良いでしょう。あとから自分でインターネットから契約すれば良いだけです。冷静に比較検討することができますし、またオプションなどに関しても分らない点はインターネットで調べながら契約を進めるということが可能になります。これは非常に大きなメリットで、逆にインターネットで調べることができない環境で契約するというのはまったくおすすめできないので、営業との契約でなくても店舗に行って契約するというのは面倒ですしいいことがないので辞めた方が良いです。

現在はねらい目

光コラボレーションは最近は安定しているのですが、いっときは不安定でした。サービス開始当初はユーザーを増やすために営業を積極的に行っていたのですが、その結果一気に顧客を獲得することに成功しました。なのですが、顧客を獲得し過ぎて回線がパンクするという結果になったのです。現在は回線の規模を拡大しているのでパンクはしていないのですが、営業活動は積極的に行っているので、再び回線がパンクする可能性はあります。もちろんどの回線でもその可能性はあるのですが、光コラボレーション業者の場合は特に利益に向かって積極的に動いているので、逆に言えば既存の顧客がおろそかになる可能性はあります。光コラボレーション業者は安いというメリットはあるのですが、逆に上述のようなデメリットがあるということです。またサービスができて数年なので、変化が激しい可能性もあるでしょう。

プラスかマイナスかはわかりませんが、変化の多いのが光コラボレーションということになります。今後はフレッツ光のユーザーが光コラボレーション業者に移行する割合はどんどん増えていくでしょう。プロバイダー系の光コラボレーション業者の場合はほとんど契約の形態が変わらないままに料金が安くなるので、余計にその傾向が予測されます。デメリットとしては、プロバイダーを複数契約することや、プロバイダーを自由に変えにくくなるということです。